2012年01月16日

OBD2インターフェースをバラしてみた

インサイトに接続出来なかったOBDⅡインターフェース、信号線を外に取り出すべくバラしてみました。

バラすっても、製品のシールをはがしてネジを外すだけ。

基板全景
基板全景

左側になにかマイコンのようなものが見えます。
下のピンヘッダで、コネクタに接続されています。
ここから信号を引っ張り出せばよさそう。

右のパッドから、bluetooth の小基板に4本の配線が伸びています。

せっかくなので、よく観察してみます。

PIC18F25K80
マイコンは小さくて肉眼で型番が確認できなかったので、デジカメでマクロ撮影して確認。便利だ。
PIC18F25K80のようです。

bluetoothモジュール
bluetoothモジュールの小基板。裏面を見ると□BMX-03A/□BMX-03B というプリントがありました。BMX-03Aというワードでぐぐってみると、こんな表が。(怪しい中華サイトなので画像のみ転載)


BMX03A_TBL.png
乗っているチップの刻印からするに、こいつはBMX-03Aの方で、乗っているチップはBC31A223A-IVN-E4というものらしいです。

MCP2551
裏を返すとMCP2551というCANトランシーバがあります。これでCAN信号をマイコンに接続しています。

大きな部品はこれくらい。
とここまできてふと疑問が。ELM327ってICがないぞ?
もしかしてコストダウンでPICで互換プログラムをつくちゃったのかな?

と頭をよぎりましたが違いました。

ELM327のピンアサイン、どこかで見覚えがあると思ったら、、
ELM327_PINS.png

PICそのままでしたw
PIC18F25K80_SSOP.png

ELM327の正体はPICマイコンだったのね。なるほど。

trackbacks

trackbackURL:

comments

ELM327のマニュアルを邦訳しているひとが!
http://homepage2.nifty.com/Odyssey/pic/OBD2/OBD2.htm

  • iwata
  • 2012年01月17日 00:55
comment form
comment form